JKA
The Japan Kimono
Association

トップページ
学会概要
設立趣意・役員名簿・規約他、学会の概要説明
総会
年次大会
第8回大会(2016.03.26)
第7回大会(2015.02.14)
第6回大会(2014.03.01)
第5回大会(2013.01.12)
第4回大会(2011.12.10)
学術誌きもの学研究
情報誌和魂伝心
きもの文化塾
会員及び一般人を対象の講師と直接対話できる少人数制の文化塾
伝統染織実施研修
会員及び一般人を対象の伝統染織に関する実地研修
入会申込み
外部リンク
お知らせ
JKAニュース
 日本きもの学会は、きものに関する探究を深めるための学術団体です。きものは、美しさにおいて、また多くの芸術活動や産業活動との結びつきの広さと深さにおいて、わが国の文化の精髄をなすものであります。
 日本人の生活と芸術との深い結びつきの中で発展してきたきものについて、各方面から学究的に探求してその良さを再認識するとともに、きものの普及のための活動をおこなっています。
■QRコード
qr
※本サイトトップページのURLを記載したQRコード。モバイル機器にてアクセスする時にご利用下さい。
[HOME]に戻る[年次大会]に戻る>第8回年次大会
日本きもの学会(JKA)

第8回年次大会

Date:
Access: 本ペーシへのアクセス数です。
 日本きもの学会 第8回年次大会の開催案内・報告のページです。
★開催概要を掲載中しています。
 
開催案内開催報告page Toppage End

開催案内

2016/02

開催概要

【日本きもの学会 第8回年次大会】
■テーマ:
前へ、さらに前へ
■開催日時:
2016年(平成28年)年3月26日(土) 14:00〜16:30(予定)
■開催場所:
京染会館6階(京都市中京区四条通西洞院西北角)
   ※いつもとは場所が異なります。ご注意ください
■参加費:
  • 会 員  無料
  • 非会員  1000円(当日受付にてお支払いください)
  • 学 生  無料(受付にて学生証を提示)
■プログラム:
14:00−14:05 開会挨拶
14:05−14:35 特別講演
  • 「正倉院染織文様の世界」
                尾形充彦先生(正倉院染織研究家
15:50−16:25 一般演題
16:25−16:30 閉会
■尾形充彦先生プロフィール:
正倉院染織研究家、工学博士
昭和29年 京都市生まれ
京都工芸繊維大学大学院繊維学研究科修士課程修了
昭和54年10月 宮内庁正倉院事務所に入所
 内閣府技官 研究職)、染織品を担当し、以降正倉院の染織品の整理・調査・研究に従事する。
平成6年3月 保存課整理室長に就任
平成26年3月 宮内庁正倉院事務所を満期定年退職

 専門は、古代染織工芸史、正倉院染織。著書に「日本の美術」(至文堂)「正倉院染織品の研究」(思文閣出版)ほか論文多数
 現在、日本織物文化研究会理事、佛教大学非常勤講師を務める
 

一般演題募集

※きもの学の学術的発展に寄与する研究発表を募集します。詳しくは、一般演題募集要項をご覽下さい。


開催案内開催報告page Toppage End

開催報告

当日配布資料 (pdf/142k)
 
開催案内開催報告page Toppage End
 
[HOME]に戻る[年次大会]に戻る>第8回年次大会
■日本きもの学会 事務局
  〒600-8009 京都市下京区四条通室町東入 京都産業会館5階
        TEL:075-211-1346  FAX:075-211-0125